どこかの近代美術館

カテゴリ : でかける

1月末から9日間、フランスのトゥールーズ、パリで「きみはひとりでどこかにいく」を使ったワークショップ、さらにアングレーム国際漫画祭での出展のお手伝いと、大塚英志さんのフランス出張に全日同行させていただきました。 ポケットwifiだって借りたし、ノートパソコンも ...

数回に渡っておおくりしてきた蔵出しパリ日記も今回で最後となります。最後にふさわしい青春を盗み撮りした写真が保存してありました。コンコルド広場で腰かける少年少女たち。グループと1人、どちらも青春ですね。うん、ビバリーヒルズ。 ******** ...

引き続き、2010年の蔵出しパリ日記。3年半前に書き残した写真とメモなので、忘れかけていますが、チュイルリー庭園の彫刻があまりにダイナミックだったのが印象的だったようです。 ********** 牛に容赦なし。 女にも容赦なし。 ...

引き続き、2010年のパリ日記です。今回は写真だけ下書き保存してあったので、3年半越しに私が解説を…。 リュクサンブール公園の子ども向け人形劇を見に行ったときに、公園内でぼーっとしていたときです。確かお昼時だったのですが、女性が2人来て、おもむろに体操をはじ ...

前回から続いて本日も2010年の蔵出しパリ旅日記。ここまで書いてるならさっさと公開しておこうって話です。 ********** 聞いた事はないですが、美術館には妖精がでる、とはよく言ったものです。 ルーブル美術館に行こうと思って、わりと近くの所からテクテク歩 ...

ひたすら下書き保存のブログを消化する試み第三弾は2010年に行った初めてのパリ旅行日記の公開です。なぜ、3年以上も温めていたのか…。では、どうぞ。 ***** 看板が掲げられた柵の向こうに、看板に似た犬。これが本物の看板犬。入ったらだめだっていったじゃない… ...

私事ではございますが、3月20日よりロンドンへ留学いたします。8月下旬まで語学学校に通いながら美術大学のショートコースをとって、ちょっとだけデッサンなども勉強してきます。8月に一旦帰国しまして、その後の期間は未定ですが、再度渡英することになると思います。 お仕 ...

パリに行って思ったこと。 1、何かとデカイ。 2、目が見えない(から道に迷う)。 外国に出て自分を見つめ直すことって大事ですね(見えてないわけですけど)。普段、部屋からでないので、視力が落ちていることに気がついていませんでした。パリの街角であまりにも見えなく ...

アトリエYARNさんの展示の手伝いでパリに行ってきました。 暮らすように旅すると言いますか、やっぱりパリジェンヌ気分を味わいたくて、パリではアパルトマンに滞在しました。 ベッドルームはこんな感じでした! どどーん!! 辞める? 辞めろ? 辞めて? 辞めたら? ...

沖縄の結納で使われるお菓子「マチカジ」だそうです。国際通りの商店街にあったお菓子屋さんで買ってきました。 古着がきいているのがアメカジ、パッションピンクがきいてるのがマチカジ。そう覚えてください。 ...

このページのトップヘ