d14f9d90.jpg只今の東京国立近代美術館は

都路華香展
柳宗理−生活のなかのデザイン−
横山大観《生々流転》
木村荘八の墨東綺譚(ぼくとうきだん)の挿絵

が公開されています。

横山大観の生々流転は全長40m久々の一挙公開の溜息ものだし、柳宗理を今まで知ったかしていた私はこれからは知ったかとは呼ばせないし、都路華香の引き出しを開けてみる展示のスケッチ帳がすごく良くて、引き出しを開けるのも楽しいしその中でも変なシカの絵とかかわいいアリの絵とか見てたら都路華香と友達になりたくなったし、木村荘八の墨東綺譚もすごく見応えがあったのです。

どれもこれも3月4日までみたいですが、始まったばかりは空いていて見やすいのでおすすめです。

東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/Honkan/honkan.html

写真は全く関係ない銀座ウェストのかわいい生け花。