どこかの近代美術館

ロンドンで借りていたスタジオはスクリーンプリントの工房を併設していたのですが、そこで刷った作品とセントラルセントマーティンズのコースに通っていた時に刷った作品を少数ですが、ggさんのウェブショップで販売していただくこととなりました。 こちらの二点は学校のプ ...

そう、私はかつて二十歳だった、ということは今も二十歳だという可能性を捨てきれない。ときどき私は二十歳だと思っておいてください。ところで、皆様におかれましては師走にさしかかった真夜中、いかがお過ごしですか。 ロンドンから戻ってきた荷物の整理のついでに未整 ...

ロンドンでアニメーション作りをほんの少し学んできまして、ロンドンの部屋で一人もくもくと一週間くらいかけて、木炭でストップモーションのアニメーションをつくりました。言葉のない冒険のお話です。画面の色が変わってしまうのは、ロンドンの日の沈むのが早いから! 元 ...

ランドセルを背負った小学3年生くらいの男の子が「郵便屋さんでーす」と元気に家に入っていって、出迎えたお母さんが吹き出し、道の端に腰掛けていたぶっきらぼうな移動八百屋さんが豪快に笑った瞬間に立ち会った暖かな午後、またひとつの気づきをいただきました。私めも帰宅 ...

ご近所さん「あらー青い目のご主人は一緒じゃないの?」 私「ほら隣に、エア旦那!」 ご近所さん「あ、」 私「⚪︎⚪︎ちゃんお元気ですか?」 同級生のお母さん「すっかりお母さんやってるわよー」 私「あ、」 スーパーの店員さん「近くにお住まいなんですか?」 私「あ、 ...

合計4年に及んだにも関わらず、イギリス帰り感が全く出ないでおなじみ、私です。一ヶ月以上たちましたが、帰国いたしました。最初の数日は日本人ばかりの電車に若干の違和感を感じましたが、それにもすっかり馴染んで順調に埼玉でひきこもっています。 帰国時のドタバタは ...

地味に続けている実験的カリグラフィー。四コマつくりました。 あくまで、実話ベースのネタなので、お医者さんという肩書きに42%位しかときめかないことは、今後のためにお伝えしておきたいと思います。 HPにその他のカリグラフィー作品あります。 http://www.yushichiji ...

ロンドンは寒いですが、七字は来月帰国します。 唐突に語りますが、蜷川実花氏の写真集「Pink Rose Suite」を見に放課後本屋に通い(後に買いました)、「mina (今のミナ ペルホネン)」の新作に心ときめかせ(後に買ってもらいました)、auのコンセプトモデルとして発表され ...

しばらくホームページの更新ができていなかったので、別途、新たにポートフォリオサイトをつくりました。載せていてる作品数もまだ少ないですが、おいおい充実させていければと思っています。よかったら、ぜひ覗いてみてください。 http://www.yushichiji.com/ カリグラフ ...

はるばる日本から、沖 潤子さんの刺繍作品集「PUNK」届きました! 沖さんの木版画が箔押しされたカバー(右側)がきりっとした佇まいです。 そして、ここが個人的に一番テンションがあがったポイント!本を引き出して最初に目に入る背表紙。かがった糸がそのまま見えて ...

このページのトップヘ